稼動管理アプリケーションの作成~カスタムアプリケーションの作成~Part1~

2

この記事では、カスタムアプリケーションとその中身の作成をご紹介いたします。
作成していくのは、多くの方が使われている「稼働管理アプリケーション」です。
稼働管理アプリケーションは、案件の作業状態、作業時間、議事録の管理、活動している時間の分析などを行うことができるアプリケーションです。このアプリケーションを作成する工程を3記事にわたってご紹介いたします。

では、以下の流れにしたがって、ご説明していきます。

 

image001

 

1、案件オブジェクトの作成を行う前に、カスタムアプリケーション作成を行います。設定画面から作成の中にあるアプリケーションを選択しましょう。

 

image002

 

2、この画面が開いたら、新規を選択してください。

 

image003

 

3、ステップ1やステップ2では以下と同じように入力や選択を行い、次へを押して進めていきましょう。

 

image004

 

image005

 

注意:アプリケーション名にCustomApplication1という名前が付いているのですが、あとで確認の際に分かりづらくなるので、分かりやすい名前にしておくと良いでしょう。他のアプリケーションでも、同じことが言えますので、覚えておきましょう。また、アプリケーション名は英数字とアンダースコアのみで入力をしなければなりません。(アンダースコアで開始したり、終了したりすることはできません)。

 

4、ステップ3のカスタムアプリケーションのロゴ選択ですが、ここに関しては、そのまま次へを押して進めていきましょう。

 

image006

 

5、ステップ4では、アプリケーションで使用するタブを選択してください。ホームに加えて、取引先や取引先責任者を追加していきましょう。また、デフォルトの表示タブに関してもホームのまま次へを押して進めていきます。

 

image007

 

image008

 

6、「ステップ5」では、このアプリケーションへの参照権限をプロファイルごとに割り当手ます。ここでは、最上段にある「参照可能」欄にチェックをいれて、すべての「プロファイル」が参照可能にしておきます。
また、右側にある「デフォルト」欄にチェックを入れると、該当のプロファイルを持つユーザがログインすると、毎回このアプリケーションが表示されます。ここでは、「システム管理者」にだけチェックをいれて、「保存」をクリックします。

 

注意:エディションによって表示される「プロファイル」の種類は異なります。また、申請業務アプリケーションの作成を実施済みの方は、ここからログイン時に表示されるのは「稼働管理アプリケーション」に切り替わります。

 

7、以下のように、作成されたことを確認することができます。

 

image009

 

image010

 

これで「カスタムアプリケーションの作成」は完了です。次は「カスタムオブジェクトの作成」を行います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

よく読まれている記事

  1. 09e4fa27171bb81180f7b233ad94245b_s
    セールスフォースでは、説明しなければ理解ができない用語が多数あります。今回は、セールスフォースを利用…
  2. 011ff69fa7bd2674613003ce8f4f76c0_s
    セールスフォースを導入した多くの企業の声を聴くと、ある共通の問題を抱えていることがわかりました。セー…
  3. 4ca7a6463a931cf5ec0346ad9edbad81_s
    セールスフォースと聞けば顧客管理、営業支援などと想像する人が多いのではないかと思います。しかし、実は…
  4. 6dcf78a1190d3171b6752b37c5087691_s
    現在もなお、目覚ましい成長を続けるSalesforce.com(以下、SFDC) 彼らのビジネスを紐…
  5. 7f94d7ac4b4f150bcc975ea0aabdc9e9_s
    現在、売り上げを上げるためにセールスフォースの導入を開始する人が増えてきています。しかし、その分、導…
  6. 53e233cc3d6eaeaf10dda5147f5280bc_s
    セールスフォースの導入を成功させるためには、営業になるべく負担をかけずに運用することが重要です。しか…
ページ上部へ戻る