セールスフォースのApp Exchange(Apex)とは?

9cbd5428919c02dbb6d05b837c1bb8da_s

セールスフォースには、システムを各企業に応じた形にするために、カスタマイズする機能があります。
そのカスタマイズには、「自分で作るカスタマイズ」「他人が作ったものを入れるカスタマイズ」の二種類があります。
今回は、この二つの側面から「セールスフォースのAppExchangeとは何か」を紹介していきます。
まずは、「他人が作ったものを入れるカスタマイズ」について紹介いたします。

 

<アプリを入れるだけで、業界専用のセールスフォースに>

セールスフォースには、他人(他社)がセールスフォース用に開発した画面、機能などを販売しているストアがあります。
これを「AppExchange(通称Apex)」と呼びます。イメージとしては、PlayストアやAppストアなどのようなものです。
Apexもこれらと同様に、アプリケーションをダウンロードする場として活用します。
Apexでダウンロードできるアプリは、たとえば、「名刺管理を行えるアプリ」や「Googleカレンダーと連携するアプリ」、「POSシステムと連携するアプリ」などがあります。
このようなApexのアプリは、セールスフォースの標準の機能にはないものや、セールスフォースをさらに使いやすくするものです。
したがって、なければならないものではありませんが、あると活用の道幅が「ぐっ」と広がるものだといえます。
アプリのなかには、業界のノウハウを詰め込んで作成した「業界専用のアプリ」も存在するので、セールスフォース運用の際には、Apex活用を考えるのがベターでしょう。

 

<開発者としてセールスフォースを活用する>

次に、「自分で作るカスタマイズ」についてです。
セールスフォースをユーザとしてではなく、開発者として活用する道もあります。それが、「自分で作るカスタマイズ」です。
自分で作る、という方法は大きく二つあります。
一つは、自社のセールスフォース上で、ワークフローやオブジェクトを使いやすいようにつくり上げていく方法です。
もう一つは、プログラミング言語を用いて、セールスフォースの用意する「AppCloud」や「Heroku」などの開発者環境で、サイトを構築するよりも手軽に作り上げていく方法です。
前者は言語が書けない方でも、作成したアプリケーションをパッケージ化して、Apexに出すことが出来ます。後者は、画面(UI)の開発などが出来、通常のWebサイト開発よりも手軽にできるので、スピーディーに作れます。
Apexを開発者として活用していけば、アプリの販売利益はもちろん、ノウハウを業界に広めることも出来ます。業界にノウハウが広まることが、さらなるイノベーションを生むことにも繋がっていくでしょう。
このように、Apexの開発者としてセールスフォースを活用することには、大きなメリットがあるといえます。

 

以上、セールスフォースのAppExchangeについての紹介でした。
Apexには有償のものばかりではなく、無償のものも含まれていますので、まずは、試しに無償のものから、インストールしてみるのもいいかもしれません。
組織のセールスフォースにインストールできない方であれば、Developer環境を取得して、実行してみるのも手でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

よく読まれている記事

  1. 53e233cc3d6eaeaf10dda5147f5280bc_s
    セールスフォースの導入を成功させるためには、営業になるべく負担をかけずに運用することが重要です。しか…
  2. 09e4fa27171bb81180f7b233ad94245b_s
    セールスフォースでは、説明しなければ理解ができない用語が多数あります。今回は、セールスフォースを利用…
  3. 7f94d7ac4b4f150bcc975ea0aabdc9e9_s
    現在、売り上げを上げるためにセールスフォースの導入を開始する人が増えてきています。しかし、その分、導…
  4. 011ff69fa7bd2674613003ce8f4f76c0_s
    セールスフォースを導入した多くの企業の声を聴くと、ある共通の問題を抱えていることがわかりました。セー…
  5. 4ca7a6463a931cf5ec0346ad9edbad81_s
    セールスフォースと聞けば顧客管理、営業支援などと想像する人が多いのではないかと思います。しかし、実は…
  6. 6dcf78a1190d3171b6752b37c5087691_s
    現在もなお、目覚ましい成長を続けるSalesforce.com(以下、SFDC) 彼らのビジネスを紐…
ページ上部へ戻る