f7b6419c311da2185660d5141dd67126_s

はじめに

 

現在、企業の約4割(矢野経済研究所のデータから推測)が導入しているというSFA/CRM

今後も管理体制を効率化するため、導入する企業は増えていくことでしょう。

 

しかし、その際にどのような理由で、何のツールを選択していますか?

SFA/CRMは、ツールによってはただの営業支援ツールではありません

会社規模や今後目指す各社の体制など、

さまざまな理由にマッチしたSFA/CRM選びが重要です。

 

【ほかの企業はどのような導入意義を掲げているのか】

キーマンズネットによると、企業の導入意義で最も多いのが、

情報の共有と有効活用だそうです。

これは、営業支援ツールの最も基本的な導入意義で、

導入検討されている方も必ずといっていいほど、考えることでしょう。

 

一方で、導入意義を企業規模別・業種別に解いていくと、

重要視している意義が異なってきます。

 

<従業員数>

100名以下 顧客満足度の向上(29.6%)、社員の意識改革(27.8%)
101~1000名 社員の意識改革(30.2%)、意思決定のスピードアップ(24%)
1001名以上 顧客満足度の向上(27.8%)、マーケティング・営業戦略の改善(27.8%)

※「情報の共有と有効活用」を抜いた回答数の多い順で表示しています。

このように、従業員100名以下の企業では、顧客満足度の向上のためSFA/CRMを導入している

企業もあるのです。

また、1000名以下の企業では、社員の意識改革を目的としていたりします。

 

<業種別>

IT製品関連業 顧客(商談)管理
(IT以外の)製造業 社員の意識改革
流通・サービス業全般 社内の案件管理
その他業種 顧客満足度の向上

※「情報の共有と有効活用」を抜いた回答数の多い順で表示しています。

業種別に見ても、導入意義としているものに違いが見られます。

流通・サービス業全般では、社内の案件管理のために導入している企業が多いようで、

IT製品関連企業とは、全く異なった導入意義を持っています。

 

つまり、ここでいえるのは、

企業によってSFA/CRMの導入目的はバラバラということです。

だからこそ、選ぶべきSFA/CRMは異なってくるはずです。

 

では、自社に合うSFA/CRMはどの製品なのか、

下に記していきます。

 

【SFA/CRM製品 5製品一覧比較】

今回は、国内でシェアの高い5製品(セールスフォース、KnowledgeSuite、eセールスマネージャー、Kintone、Dynamics365)の比較をしてみました。

是非参考にして見てください。

 

比較点/製品 セールスフォース Kintone Dynamics365 KnowledgeSuite eセールスマネージャー
月額  18000円/ユーザ  1500円/ユーザ  5440円/アドオン 50000円/企業   6000円~/ユーザ
機能詳細 https://goo.gl/YPdNML https://goo.gl/lqyoK1 https://goo.gl/WYDv7D https://goo.gl/ZMvFLE  https://goo.gl/XEpCri
容量  11GB/ユーザ  不明 不明   5GB/ユーザ  10GB/1ユーザ
サポート環境  電話・フォーム・ナレッジ・伝言・活用セミナー・活用フォーラム 電話・ナレッジ・メール   

電話・フォーム・ナレッジ

活用セミナー

 電話・メール・FAQ

 電話・ナレッジ・

ソリューションアドバイザーの訪問

トライアル期間

 30日間無料トライアル

+開発者環境は無期限

 30日間無料トライアル  30日間無料+希望シナリオの製品デモ  あり   30日間無料トライアル
操作性  

操作自体は簡単だが、  一度学ぶ機会が必要

 Excel作業に似た操作

操作自体は簡単だが、   一度学ぶ機会が必要

 操作自体は簡単だが、

機械系に弱い人には向かない

 現場社員に負担のかからない操作性
UI

 Lightningリリースより、

見やすくなった(By顧客)

 日本人向けにデザインされているので、見やすさには定評

 色合いは見やすいが、どこに何があるかわかりにくい

 慣れるまで、どこに何があるかわかりにくい

 エクセルのような見栄え

 

この中で、最も高いシェアを誇るのはセールスフォースですが、

価格も一番高くなっています。

これは、セールスフォースが製品にAIを投入していることや、

セキュリティでアメリカの監査基準を通っていることなど、他のSFA/CRMにはない高い質を誇っているからです。

 

しかし、「いきなりセールスフォースは無理だ」という企業もあるでしょう。

筆者は、そのような企業の方は、簡単に始められるSFA/CRMをお勧めします

何よりも重要なことは、システムの導入でROIを出すことです。

自社がどのような目的でSFAを活用したいのか、

ここが明確になっていれば、失敗をしないSFAツールの選択ができるはずです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

よく読まれている記事

  1. 011ff69fa7bd2674613003ce8f4f76c0_s
    セールスフォースを導入した多くの企業の声を聴くと、ある共通の問題を抱えていることがわかりました。セー…
  2. 4ca7a6463a931cf5ec0346ad9edbad81_s
    セールスフォースと聞けば顧客管理、営業支援などと想像する人が多いのではないかと思います。しかし、実は…
  3. 53e233cc3d6eaeaf10dda5147f5280bc_s
    セールスフォースの導入を成功させるためには、営業になるべく負担をかけずに運用することが重要です。しか…
  4. 09e4fa27171bb81180f7b233ad94245b_s
    セールスフォースでは、説明しなければ理解ができない用語が多数あります。今回は、セールスフォースを利用…
  5. 7f94d7ac4b4f150bcc975ea0aabdc9e9_s
    現在、売り上げを上げるためにセールスフォースの導入を開始する人が増えてきています。しかし、その分、導…
  6. 6dcf78a1190d3171b6752b37c5087691_s
    現在もなお、目覚ましい成長を続けるSalesforce.com(以下、SFDC) 彼らのビジネスを紐…
ページ上部へ戻る