稼動管理アプリケーションの作成~項目作成と行動の入力を行う~Part3~

これから、既に作成した「案件」オブジェクトに項目を作成し、「案件」に関する「行動」を入力していきます。
手順は以下のとおりです。

①項目の作成(選択リスト)

②「行動」の入力

 

1、最初に設定画面にある作成欄からオブジェクトを選択しましょう。カスタムオブジェクトの案件を選択して、開かれた画面でカスタム項目&リレーションの項目の新規をクリックしてください。

 

2、ステップ1のデータ型では、選択リストを選びましょう。

 

image001

 

3、ステップ2では、以下のように入力を行い、次へをクリックします。

 

image002

 

4、ステップ3やステップ4はそのままで進めて行き、保存を押しましょう。

 

5、案件タブをクリックして、案件名がWebコンサルティング(前回作成したレコードのことです)をクリックすると、ステータスが追加されているのを確認できます。

 

image003

 

ここで、「案件」オブジェクトの項目作成が終了となります。

 

6、続いて、このページから、案件に対して行った「行動」を登録しましょう。まず、活動予定セクションの新規行動をクリックしてください。

 

image004

 

7、開かれた画面で、件名を入力するときに、コンボックスという仕組みが利用されます。ここでは、デフォルト設定で項目が英語になっていますので、まず、この部分を日本語に修正しましょう。

 

image005

 

補足:コンボックスが利用されている場合は、選択リストと異なりますので、自由に項目を入力できません。

 

8、設定画面を開き、カスタマイズセクションに存在する活動を開きましょう。そこにある、行動の項目をクリックしてください。

 

image006

 

9、ここに、表示されている項目の中から件名を選択してください。

 

image007

 

10、行動の件名 選択リスト値セクションに存在する一覧を各々、編集・削除していきましょう。

 

image008

このように、変更しましょう。この際、Send letter / Quoteは削除しましょう。

 

image009

 

11、設定が完了したら、再び案件タブをクリックして、新規行動を選択しましょう。そして、コンボックスから打ち合わせを選択してください。

 

image010

 

12、次に、取引先責任者を入力するために、虫眼鏡をクリックしましょう。ここで事前に登録しておいた取引先責任者がでてきます(事前の登録が必要となります)。ここでは、加藤 龍一郎を選択します。

 

image011

 

13、その他は以下のように入力を行い、保存を押しましょう。

 

image012

 

ここで、案件オブジェクトに関する「行動」入力が終了しました。
補足:活動予定では、期日欄でかかった時間が表示されますので、どれほど費やしたのか時間を把握できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

よく読まれている記事

  1. 09e4fa27171bb81180f7b233ad94245b_s
    セールスフォースでは、説明しなければ理解ができない用語が多数あります。今回は、セールスフォースを利用…
  2. 4ca7a6463a931cf5ec0346ad9edbad81_s
    セールスフォースと聞けば顧客管理、営業支援などと想像する人が多いのではないかと思います。しかし、実は…
  3. 7f94d7ac4b4f150bcc975ea0aabdc9e9_s
    現在、売り上げを上げるためにセールスフォースの導入を開始する人が増えてきています。しかし、その分、導…
  4. 011ff69fa7bd2674613003ce8f4f76c0_s
    セールスフォースを導入した多くの企業の声を聴くと、ある共通の問題を抱えていることがわかりました。セー…
  5. 6dcf78a1190d3171b6752b37c5087691_s
    現在もなお、目覚ましい成長を続けるSalesforce.com(以下、SFDC) 彼らのビジネスを紐…
  6. 53e233cc3d6eaeaf10dda5147f5280bc_s
    セールスフォースの導入を成功させるためには、営業になるべく負担をかけずに運用することが重要です。しか…
ページ上部へ戻る