Lightning Experienceを有効化できない際に確認すべき3つのこと

67a8da3e59365e0cadd87505ec905ab1_s

Lightning Experienceに切り替えようと思ったのに、

「なぜかエラーになり、Lightningに切り替わらない」

という方、必見です。今すぐに、その問題を解決しましょう。
解決する際に踏むステップは、たった3つです。

 

<①「組織の有効化」をする>
まずは、組織全体でLightning Experienceが使えるようにしましょう。
「設定」を開くと、一番上に「Lightning Experience」という項目があるので、ここから設定をしていきます。

 

スライド_1

 

ここでは、「ユーザ」を指定して、自動的にLightningに移行させることもできます。
つまり、ユーザ側の操作はいらず、管理者が一括で移行させられるということです。

セールスフォース側の手順に従って、各機能を有効化していけば、移行完了です。

 

スライド_2

 

<②プロファイルの「Lightining Experienceユーザ」の機能を有効化する>
プロファイルの「Lightning Experienceユーザ」という箇所にチェックをつけます。
これにチェックをつけなければ、Lightningのページは表示されませんので、注意しましょう。

「プロファイル設定」は、「設定」→「ユーザ」→「プロファイル」から行えます。

 

スライド_3

 

<③サポートされているライセンス、エディションに移行>
ここまできて、
「①も②も、出来なかった(該当項目が見つからなかった)」
という方がいたかもしれません。

もしかすると、お使いのエディションやライセンスは、下記のものではありませんか。

・エディション
 Personal Edition
 Contact Manager Edition
 Database.com Edition
 Chatter.com Edition

・ライセンス
 カスタマーもしくは、パートナーコミュニティ
 すべてのポータルライセンス
 Force.com Free
 Data.com
 Work.com
 Database.com
 Content Only
 Ideas Only
 Knowledge Only
 Site.com Only

上記のエディション・ライセンスは、サポートされていないものです。
つまり、この中のいずれかであるとすれば、移行することが出来ません

もし、Lightning Experienceを使用していきたいと考えるなら、他のサポートされているエディション・ライセンスに切り替える必要があるでしょう。

 

以上が、「Lightning Experienceを有効化できない際に確認すべき3つのこと」でした。

しかし、企業によっては、もう少し複雑な状態で移行できていない場合もあるので、
上記を試しても移行しない場合は、セールスフォースの「カスタマーサポート」に聞いてみることをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

よく読まれている記事

  1. 09e4fa27171bb81180f7b233ad94245b_s
    セールスフォースでは、説明しなければ理解ができない用語が多数あります。今回は、セールスフォースを利用…
  2. 4ca7a6463a931cf5ec0346ad9edbad81_s
    セールスフォースと聞けば顧客管理、営業支援などと想像する人が多いのではないかと思います。しかし、実は…
  3. 53e233cc3d6eaeaf10dda5147f5280bc_s
    セールスフォースの導入を成功させるためには、営業になるべく負担をかけずに運用することが重要です。しか…
  4. 7f94d7ac4b4f150bcc975ea0aabdc9e9_s
    現在、売り上げを上げるためにセールスフォースの導入を開始する人が増えてきています。しかし、その分、導…
  5. 011ff69fa7bd2674613003ce8f4f76c0_s
    セールスフォースを導入した多くの企業の声を聴くと、ある共通の問題を抱えていることがわかりました。セー…
  6. 6dcf78a1190d3171b6752b37c5087691_s
    現在もなお、目覚ましい成長を続けるSalesforce.com(以下、SFDC) 彼らのビジネスを紐…
ページ上部へ戻る