サイボウズOfficeとセールスフォースの機能性の違いとは?

サイボウズOfficeとセールスフォースの機能性の違いとは?

サイボウズOfficeは、必要な機能を必要なタイミングで使用できる「ニッポンのグループウェア」として、高い人気があります。しかし、まだまだセールスフォースとの違いを理解されていない方も多いでしょう。今回は、サイボウズOfficeとセールスフォースを比較し、具体的な違いを探っていきます。
Zoho Creatorとセールスフォースの機能性の違いとは?

Zoho Creatorとセールスフォースの機能性の違いとは?

現在、世界のウェブマーケティング担当者が業務の効率化を実現するため、機能性の高いCRM製品を社内に導入しようとしています。さまざまなCRM製品の中でも、Zoho Creatorは、機能性や利便性の高さからパソコンに不慣れな方からも注目を集めています。 今回は、Zoho Creatorとは、一体どのような製品なのか、ど...
セールスフォースとdesknet’s NEOの機能性の違いとは?

セールスフォースとdesknet’s NEOの機能性の違いとは?

現場の生産性の向上にこだわり、圧倒的な使いやすさを実現したdesknet's NEOは、日経コンピュータ 2017年9月14日号 顧客満足度調査で第1位を獲得しました。 そして、見事3年連続で1位を獲得するツールとして、多くの法人企業で利用されています。 しかし、世界から俯瞰すれば、圧倒的にセールスフォースの導入数...
Salesforce(セールスフォース)とkintoneの機能性を徹底比較!

Salesforce(セールスフォース)とkintoneの機能性を徹底比較!

国内のクラウドプラットフォームとして人気の高いセールスフォースとkintoneは、方向性として類似する点が多いため、比較対象製品として頻繁に話題になることがあります。しかし、セールスフォースとkintoneでは、一体何が違うのでしょうか?今回は、それぞれの製品の違いについて徹底解説していきます。
セールスフォースでコスト削減とプロジェクトの一括管理を実現しよう!

セールスフォースでコスト削減とプロジェクトの一括管理を実現しよう!

セールスフォースを導入するにあたって、営業本部長の方からこんな相談を受けたことがあります。 「セールスフォースは、決して安い製品ではないのに、なぜこれだけ多くの企業で導入されているんですか?導入後に、どうしたら売上が増えるのか、よく分からないんです…。」 「自社での導入を検討しているけれど、費用対効果が得られるかが分か...
【セールスフォースの用語集】オブジェクトとレコードとは?

【セールスフォースの用語集】オブジェクトとレコードとは?

セールスフォースの運用担当者は、真っ先に基礎用語から理解しましょう。オブジェクトやレコードなど、初めて聞くとよくわからない用語がたくさん登場します。そのため、適切に運用するには、セールスフォースの製品を運用者自身がよく知る必要があります。 これからエンジニアに指示出しをするためにも、最低限の基礎知識として覚えておくべき...
【ウェブ担当者必見!】CRMの導入メリットやデメリットを徹底解説!

【ウェブ担当者必見!】CRMの導入メリットやデメリットを徹底解説!

中小企業や大企業など、会社の規模を問わずCRMが次々と導入されていることはご存知でしょうか?近年、AIによる技術発展が目覚ましく、顧客管理市場への参入が始まっています。 この時代に、Excelによる顧客管理に固執しているとするならば、その会社は大きな機会損失を招いているといっても過言ではありません。 CRMを導入すれば...
Salesforce(セールスフォース)の基本設計を構築しよう!

Salesforce(セールスフォース)の基本設計を構築しよう!

すでに、社内でセールスフォースを導入することに対して、前向きな環境ができている方に向けて、セールスフォースの基本設計についてご紹介します。“システム屋じゃないんだから、詳しいことは分からない…”とは言わずに、こうやって基本設計をしているんだなと概要だけでも理解していただけますと幸いです。 セールスフォースの基本設計を考...
セールスフォース【導入前】に事前確認すべきことは?

セールスフォース【導入前】に事前確認すべきことは?

これから本気でセールスフォース(Salesforce)を導入したいという方に向けて、導入前に事前確認すべきことについて順番にご紹介します。“こうやってセールスフォースは、導入するんだな!”と感覚をつかんでいただけますと幸いです。 セールスフォース導入まえの事前確認チェック セールスフォースの準備段階 ここでは、導入前に...
Salesforce(セールスフォース)を導入するとどんなメリットとデメリットがあるの?

Salesforce(セールスフォース)を導入するとどんなメリットとデメリットがあるの?

Salesforceを導入すれば顧客の管理方法や売り上げが改善されるため、ぜひとも社内で利用してみたいという方も多いでしょう。しかしながら、Salesforceが社内にどのようなメリットとデメリットをもたらすのか分からない以上、導入に躊躇していないでしょうか?今回は、Salesforceの魅力をメリットとデメリットに分...
Salesforce(セールスフォース)とは?基礎知識から徹底解説

Salesforce(セールスフォース)とは?基礎知識から徹底解説

顧客情報の共有や帰社後の営業情報の管理、見積もり情報の管理など、煩雑になりがちな仕事をもっと効率化できたらいいのにと思っていませんか?Salesforceを導入すると、これらの問題がすべて解決します。今回は、セールスフォースとはどんなサービスなのか、導入を検討されている方に向けて基礎知識を徹底的にご紹介します。 Sal...
営業管理システムをマーケティングで導入するとどうなるの?

営業管理システムをマーケティングで導入するとどうなるの?

もし、あなたの会社の営業マンが高いパフォーマンスを発揮せず、営業活動そのものが統合・管理できていないというのなら、顧客管理システムを導入することでマーケティングを根本から改善できる可能性があります。 たとえば、下記のような問題を抱えていないでしょうか? 「営業管理システムには、便利な機能があると聞くけれど、どんな機能が...
弱者の戦い方差別化5原則「顧客の判断と掛け合わせ効果」

弱者の戦い方差別化5原則「顧客の判断と掛け合わせ効果」

差別化の5原則その1では、差別化のために安易に価格を下げるべきではない、それは差別化にはならないということをお伝えしました。ではどういった点で差別化を計るべきか、今回は差別化に関してありがちな失敗と、差別化の効果をアップさせる方法についてお話します。 5原則 その2 差別化の判断をするのはお客様 どのような差別化を計る...
弱者の戦い方 差別化の5原則 価格競争はダメ

弱者の戦い方 差別化の5原則 価格競争はダメ

弱者が強者に対抗するには、「差別化」が必須です。どのような視点で差別化を計るべきか、知っておくべき「差別化の5原則」についてお伝えします。 5原則 その1  価格だけの差別化は差別化にならない 一番安易な差別化は価格を下げることです。誰しもがライバルより安くすれば売れるだろうと考えてしまいます。 しかし、強者の戦略であ...
「竹田流」経営の考え方

「竹田流」経営の考え方

今回は、ランチェスター戦略そのものについては少しお休みして、経営に対する考え方について、大切な2つのポイントをお伝えすることにします。 経営に対する考え方は大きく2つ ランチェスター経営(株)の竹田氏は、日本でも有数のランチェスター戦略コンサルタントです。 彼は、経営について、アメリカのマーケティングやドラッカーのマネ...
強者の戦略 イコール ミート戦略

強者の戦略 イコール ミート戦略

これまで、「一点集中主義」「足下の敵攻撃の原則」など、弱者の戦い方をいくつかご紹介してきました。 では強者がとるべき戦略とは、どういったものなのでしょうか? 弱者は、弱者の行うべき差別化戦略を知るだけではなく、強者の常套手段も知っておけば、対策も立てやすくなります。それに、局面において自社が強者となる可能性もありますの...
ランチェスター戦略 3つの結論その3「足下の敵攻撃の原則」

ランチェスター戦略 3つの結論その3「足下の敵攻撃の原則」

ランチェスター戦略の「グランドルール」3つ目は「足下の敵(そっかのてき)攻撃の原則」です。自社よりひとつ下、つまり自社のシェアよりも1ランク下の足下の敵こそが、狙うべきターゲットとなるというものです。その理由と事例をご紹介します。 「足下の敵攻撃の原則」とは 成熟した市場で売上・利益を上げるということ、イコール「競合他...
ランチェスター戦略 3つの結論 その2「一点集中主義」

ランチェスター戦略 3つの結論 その2「一点集中主義」

ランチェスター戦略の「グランドルール」2つ目は「一点集中主義」です。一点集中主義こそ、弱者が逆転しNo.1になるための最も有効な戦略です。No.1になりたかったら一点集中すべき、その理由と事例をご紹介します。 一点集中主義、集中すべきは「商品」「地域」「客層」 多くの企業では売上・利益を上げるためには戦線を拡大させれば...
ランチェスター戦略 3つの結論その1 「No.1主義」

ランチェスター戦略 3つの結論その1 「No.1主義」

ランチェスター戦略には、決してブレない「グランドルール」が3つありますが、その話の前に、まずはその3つを導き出す、ランチェスター戦略のポイントをおさらいしてみましょう。 ランチェスター戦略〈思考的に押さえておくべきポイント5つ〉 ランチェスター戦略のグランドルールを導きだすポイントは、5つあります。 1.弱者と強者の関...
自社と他社との距離?「3:1の法則」と「シェアの4パターン」

自社と他社との距離?「3:1の法則」と「シェアの4パターン」

三本の柱、三本の矢、三度目の正直、早起きは三文の得、三つ子の魂百まで・・・など、日本人は三(3)という数字に意味を見つけ、大切にする傾向があります。その理由として、一説では三は「満つ」や「充つ」に通じる非常におめでたい数だからというものがあるようです。 また別の説では、一や二は点や線でしかないが、三になるとはじめて「面...