3分でわかる!セールスフォースのデータインポートの方法(インポートウィザード)

3分でわかる!セールスフォースのデータインポートの方法(インポートウィザード)

「今までの取引先データをセールスフォースに移行したいのだが、やり方がわからない」という方は多いでしょう。
今回は、今までのデータをセールスフォースに一括インポート(移行)させる方法を動画を使って、「取引先」をインポートする方法を説明します。
インポートの流れは、以下のような形になっています。

①インポートするデータを「.csv」形式で用意する
②インポートウィザードorデータローダを開く(今回は、インポートウィザードを使います)
③指示に従って、インポートするデータと、セールスフォースのどこに対応するのか、という「対応付け」をする
④インポート開始→成功

このうち、①インポートするデータを「.csv」形式で用意する、のみをここで解説し、②~④は動画で説明します。

<インポートファイルの準備>
インポートファイルは、Excelなどで簡単に作成することが出来ます。
準備に最低限必要な項目は、以下のようなものでしょう。
「取引先名」「取引先責任者名(姓)」「取引先の電話番号」「取引先の住所」「取引先の担当者(所有者)」「Salesforce ID」
このうち、必須なのは、「取引先名」「取引先責任者」or「Salesforce ID」です。or、と書いたのは、このどちらかをセールスフォースでつなぐためです。「取引先責任者名」でセールスフォースの項目と結ぶ場合、必ず「取引先責任者名」をいれる必要があります。「Salesforce ID」の場合もおなじです。
そのような項目をExcelにまとめて作成したものが、以下のもです。

サンプル

このように、まとめていきます。今までデータとして管理していた会社であれば、その情報をただコピー&ペーストしていくだけで、この表は作成できるでしょう。
また、お気づきの方もいるかもしれませんが、「住所」は「都道府県」「市区郡」「番地町名」に分けて記入していく必要があります。
この点で、苦労を感じる方も多いのかもしれませんが、住所を入力しておけば、Googleマップで視覚的に場所がわかるようになり、便利です。
また、お中元などを贈られる会社なら、入力は必須でしょう。

<インポートウィザードを使ってインポートする>
インポート用のファイルが出来たら、いよいよ、インポートを開始します。
以下の動画で、作業の手順を確認しましょう。
*この動画は音声がありません。

このように、インポートウィザードはクリックだけで簡単に行えます。
また、インポートウィザードでは、50000件以下のデータなら一気に入れることが可能です。
「セールスフォースに入れてない古いデータがたくさんあるけど、方法がわからないから放っておいていた」という方も、この動画通りやれば、多くのデータを一気に、簡単にインポートできるようになるでしょう。

SFAの教科書@二階堂
株式会社ベンチャーネットにてコンサルティング問い合わせ窓口を担当している二階堂です。皆様のセールスフォースの導入などのコンサルティングをさせて頂いてます。導入された後の悩みなども受け付けておりますので是非無料ご活用下さい。
コメント0

*
*
* (公開されません)