出張申請アプリケーションの作成~画面レイアウトの調整を行う~Part3~

画面レイアウトを調整する際の作業や動作をご紹介いたします。

 

1、最初に、ボタンの設置を行いましょう。設定画面の中にある作成からオブジェクトを選択します。
そして、出張申請を選択し、ページレイアウトセクションの出張申請レイアウトの編集を選択します。

 

image001

 

2、画面の左上を見てみると、ボタンがありますので、こちらをクリックしてください。承認申請ボタンを出張申請の詳細セクションの標準ボタンにドラッグ&ドロップしましょう。追加が完了したら、保存を押します。

 

image002

 

image003

 

3、これから、承認プロセスの動作確認を行っていきます。前回作成いただきました、山本次郎でログインを行っていきます。(ユーザの新規作成の方法はこちら、ログインの仕方はこちらを参照)。その上で、出張申請オブジェクトを選択してください。そして、新規をクリックしましょう。

 

image004

 

4、以下のように入力を行い、承認申請ボタンをクリックしてください。

 

image005

 

image006

 

このようなメッセージが出てきますので、OKを選択します。

 

5、そして、一度ログアウトを行ってください。マネージャとなる田中太郎でログインを行いましょう。ログインができましたら、ホーム画面から未承認申請が届いていることを確認することができます。アクションにある承認/拒否を選択します。

 

image007

 

6、今回は、以下のようにコメントの入力を行い、承認を押しましょう。

 

image008

 

補足:コメントの欄には、承認理由や拒否理由の入力が可能です。

 

7、承認履歴のすべての状況が承認済みに変更されていることを確認できれば、動作確認は終了となります。

補足:編集セクションの錠のマークは、一旦編集された出張申請は編集することができないことを意味しています。編集を押すとレコードがロックされましたというアラートが表示されます。

 

image009

 

ここまでで、カスタムアプリケーションの大枠が完成となります。

今回は「申請業務」のアプリケーション作成をご紹介してきました。
別の記事では、同じように多くの人が作成している「工数管理」のアプリケーションの作成手順をご紹介いたします。

SFAの教科書@二階堂
株式会社ベンチャーネットにてコンサルティング問い合わせ窓口を担当している二階堂です。皆様のセールスフォースの導入などのコンサルティングをさせて頂いてます。導入された後の悩みなども受け付けておりますので是非無料ご活用下さい。

*
*
* (公開されません)