稼動管理アプリケーションの作成~カスタムオブジェクトの作成を行う~Part2~

これから、カスタムオブジェクトをカスタムアプリケーションの中に作成していきます。
作成するオブジェクトは「案件」オブジェクトで、「稼働・工数管理における案件管理」のためのものです。

 

1、最初に、設定画面から作成欄に存在するオブジェクトを選択しましょう。カスタムオブジェクトの作成をしていきたいので、新規カスタムオブジェクトをクリックしましょう。

 

image001

 

2、開かれた画面で、以下のように入力・選択して、保存をおしましょう。

 

image002

 

image003

 

3、ステップ1では、以下のように入力して、次へを押して進めていきます。

 

image004

 

image005

 

タブスタイルで、虫眼鏡のマークを選択するとこんな画面が開かれます。

 

4、ステップ2とステップ3は、そのままで進み保存をクリックしていきます。ここで、カスタムオブジェクトの大枠が完成しました。

 

5、ここでは、カスタム項目を作成します。
ステップ1のデータ型では日付を選択して、次へを押しましょう(カスタムオブジェクトを保存したあと、新規カスタムウィザードを起動する」にチェックを入れておくことで、自動で案件管理設定画面に移動します)。

 

image006

 

6、ステップ2では、以下のように入力し、次へをクリックしましょう。

 

image007

 

7、ステップ3とステップ4はそのままで進み、保存を押しましょう。

 

8、ここからは、案件オブジェクトを利用して、サンプル案件を作成しましょう。画面上部の案件タブのクリックを行い、新規を押しましょう。

 

image008

 

9、以下のように、入力して保存を押しましょう。(サンプル完成です。)

 

image009

 

10、続いて、今よりも案件オブジェクトの中身を充実させるために、案件と取引先を関連付ける参照項目を作成しましょう。設定画面の作成からオブジェクトを選択し、案件をクリックしていきます。
そして、カスタム項目&リレーション欄に存在する新規を押します。

 

image010

 

11、データ型は参照関係を選択します。

 

image011

 

12、ステップ2では、関連先に取引先を選択して、次へを押し進めてください。

 

image012

 

13、ステップ3は、以下のように入力を行い、次へを押しましょう。

 

image013

 

14、ステップ4~ステップ6は、そのまま進めて、保存をクリックしましょう。これで、案件オブジェクト作成が完了しました。次回は、「議事録オブジェクトの作成」に入ります。

SFAの教科書@二階堂
株式会社ベンチャーネットにてコンサルティング問い合わせ窓口を担当している二階堂です。皆様のセールスフォースの導入などのコンサルティングをさせて頂いてます。導入された後の悩みなども受け付けておりますので是非無料ご活用下さい。

*
*
* (公開されません)