稼動管理アプリケーションの作成~項目作成と行動の入力を行う~Part3~

これから、既に作成した「案件」オブジェクトに項目を作成し、「案件」に関する「行動」を入力していきます。
手順は以下のとおりです。

①項目の作成(選択リスト)

②「行動」の入力

1、最初に設定画面にある作成欄からオブジェクトを選択しましょう。カスタムオブジェクトの案件を選択して、開かれた画面でカスタム項目&リレーションの項目の新規をクリックしてください。

2、ステップ1のデータ型では、選択リストを選びましょう。

image001

3、ステップ2では、以下のように入力を行い、次へをクリックします。

image002

4、ステップ3やステップ4はそのままで進めて行き、保存を押しましょう。

5、案件タブをクリックして、案件名がWebコンサルティング(前回作成したレコードのことです)をクリックすると、ステータスが追加されているのを確認できます。

image003

ここで、「案件」オブジェクトの項目作成が終了となります。

6、続いて、このページから、案件に対して行った「行動」を登録しましょう。まず、活動予定セクションの新規行動をクリックしてください。

image004

7、開かれた画面で、件名を入力するときに、コンボックスという仕組みが利用されます。ここでは、デフォルト設定で項目が英語になっていますので、まず、この部分を日本語に修正しましょう。

image005

補足:コンボックスが利用されている場合は、選択リストと異なりますので、自由に項目を入力できません。

8、設定画面を開き、カスタマイズセクションに存在する活動を開きましょう。そこにある、行動の項目をクリックしてください。

image006

9、ここに、表示されている項目の中から件名を選択してください。

image007

10、行動の件名 選択リスト値セクションに存在する一覧を各々、編集・削除していきましょう。

image008

このように、変更しましょう。この際、Send letter / Quoteは削除しましょう。

image009

11、設定が完了したら、再び案件タブをクリックして、新規行動を選択しましょう。そして、コンボックスから打ち合わせを選択してください。

image010

12、次に、取引先責任者を入力するために、虫眼鏡をクリックしましょう。ここで事前に登録しておいた取引先責任者がでてきます(事前の登録が必要となります)。ここでは、加藤 龍一郎を選択します。

image011

13、その他は以下のように入力を行い、保存を押しましょう。

image012

ここで、案件オブジェクトに関する「行動」入力が終了しました。
補足:活動予定では、期日欄でかかった時間が表示されますので、どれほど費やしたのか時間を把握できます。

SFAの教科書@二階堂
株式会社ベンチャーネットにてコンサルティング問い合わせ窓口を担当している二階堂です。皆様のセールスフォースの導入などのコンサルティングをさせて頂いてます。導入された後の悩みなども受け付けておりますので是非無料ご活用下さい。

*
*
* (公開されません)