次世代のビジネススタイルを形成する「セールスフォースIQ」とは

次世代のビジネススタイルを形成する「セールスフォースIQ」とは

■業務時間の多くを占める「メール」の実態

海外企業の調査では、総業務時間の約3分の2をメールに使っているという調査結果があります。日本では、海外ほどではないものの、「メール作成」に1日約1時間半「メールチェック」に1日約1時間(1通45秒と換算)と、

業務時間の3分の1程度をメールに使っていることがわかっています。

(「ビジネスメール実態調査2016」:http://businessmail.or.jp/archives/2016/07/01/5668)

顧客へのフォロー・問い合わせ対応など、内容は様々ですが、どの内容においていもメールは重要な役割を持ちます。

しかし、メールはあくまでも手段であり、目的を達成するための1戦術に過ぎません。

このような1戦術のために、1日の業務時間の3分の1を費やしていくことは、果たして最善といえるのでしょうか。

■セールスフォースIQが業務時間を節約 節約した時間を確度の高いアプローチへ

セールスフォースの発表したセールスフォースIQは、このような現状を解決してくれます。

セールスフォースIQで出来る主なことを、下記にまとめました。

①メールやスケジューラー、電話との連携をして、内容を読み取る

②読み取った内容を基に、注力すべき案件・顧客をセールスフォースIQが見抜く

③メールを打つ際に適切なテンプレートや内容のサジェスト(提示)をしてくれる

④メールを打つ際、スケジューラと連携していれば、他の社員のスケジュールなどもメールの文面に活用できる

⑤メールや電話でのやり取り・スケジュールをSalesCloudなどのCRM(顧客管理システム)にて管理することができる

このように、次にとるべき行動・注力すべき案件をセールスフォースIQが示してくれるので、顧客との無駄なやり取り(同じ内容を二度送るなどの失態)はなくなり、メールにかける時間を削減することが出来ます。

■300以上のアプリケーションとの連携可能。将来的には、AIとつながる?

セールスフォースIQはGoogle AppsPardot、Work.comMail Chimpなどのアプリケーションとも連携が可能であり、連携可能なアプリケーションの種類は300種類以上です。

今後、セールスフォースIQと連携できるアプリケーションの幅はさらに広がっていくと考えられます。

さらに、人工知能との連携も考えられ、Web上にある様々な顧客情報をトラッキングし、顧客とのOne to Oneビジネスを優位に進められるようになるのではないか、との見方もありあます。

将来的な可能性も見据え、現在、海外の企業が続々とセールスフォースIQを導入しています。日本でメジャーな海外企業でいえば、クラウドストレージサービスで有名なboxなどがあります。

セールスフォースIQは、中小企業向けのライセンスも用意しており、今後の日本企業にも続々と導入されていくことが考えられます。

ベンチャー企業や中小企業は特に、セールスフォースIQの恩恵をうけるかもしれませんね。

SFAの教科書@二階堂
株式会社ベンチャーネットにてコンサルティング問い合わせ窓口を担当している二階堂です。皆様のセールスフォースの導入などのコンサルティングをさせて頂いてます。導入された後の悩みなども受け付けておりますので是非無料ご活用下さい。
コメント0

*
*
* (公開されません)