Salesforce(セールスフォース)とは?基礎知識から徹底解説

Salesforce(セールスフォース)とは?基礎知識から徹底解説

顧客情報の共有や帰社後の営業情報の管理、見積もり情報の管理など、煩雑になりがちな仕事をもっと効率化できたらいいのにと思っていませんか?Salesforceを導入すると、これらの問題がすべて解決します。今回は、セールスフォースとはどんなサービスなのか、導入を検討されている方に向けて基礎知識を徹底的にご紹介します。

Salesforceとは?

Salesforce(セールスフォース)とは、Salesforce.com社が開発したクラウド型のCRM(顧客管理)アプリケーションのことで、全世界No.1の実績を誇る信頼性の高い製品です。現在、クラウド型のビジネスアプリケーションとして、国境をこえてさまざまな地域で導入が進んでいます。

Salesforceを導入すれば、クラウド上で顧客情報が管理できると同時に、日々の営業進捗も手軽に管理できます。Salesforceは、非常に高機能なシステムなので、営業やマーケティング、コミュニティ形成、分析、レコメンドなど、ありとあらゆることが実現できます。

Salesforceの特徴について

Salesforceを導入すれば、顧客満足度を上げることができます。
なぜなら、顧客情報を整理することを得意としているからです。たとえば、自社の商品を購入したお客さまから「再度商品を購入したいんだけど…」などのようなお問い合わせが入った場合、Salesforceのデータベースにアクセスすれば、顧客がどのような商品をいつ購入したのかが瞬時に分かります。

わざわざ、状況をヒアリングしなくても、問題の解決方法や代わりの商品を送付するなどの対応がとりやすくなります。Salesforceがあれば、仕事で起きる出来事の大部分を記録しておくことができます。Salesforceは、利用すれば利用するほど経営資産としての価値を持つようになります。



Salesforceの機能性について

Salesforceには、会社の売上を最大化する際に、必要な機能が数多く揃っています。営業支援やマーケティング支援、コンテンツ管理機能、データ集積・分析機能が搭載されています。

営業支援

  • 顧客管理
  • 商談情報
  • 見込み客管理
  • 承認とワークフロー
  • 商品管理
  • 契約管理
  • Webからの新規お問い合わせ管理
  • 売上予測

代理店管理

  • 代理店(パートナー)の商談情報の可視化

コンテンツ(文書)管理

  • 高い検索機能
  • 高い共有性(コンテンツの評価、コメント、ダウンロードと購読のトラッキング)

データ集計・分析機能

マーケティング支援

  • キャンペーン管理/予算のROI測定(投資収益率)
  • 一括メール配信

サービス&サポート

  • 問い合わせ管理(顧客サービス/製品サポート/フィールドサービス/ヘルプデスクなど)
  • ナレッジマネージメント(公開知識ベース、FAQの構築、推奨ソリューション)
  • WEB・メールからの問い合わせ受付
  • コールセンターインテグレーション

モバイル

  • 携帯電話からSalesforceへアクセス(ドコモ、au、Softbank、スマートフォン)
  • Offlineアクセス(モバイルPCなどから)

Salesforce for Google

  • Salesforce for Google Apps
  • Salesforce for Google Apps

AppExchange Apps

  • Salesforceと連携可能なアプリケーション

ハード不要なクラウド設計

Salesforceは、インターネットを介したビジネスアプリケーションであるため、導入に必要なものは、PC とネットワーク回線だけです。巨大なデータベースを構築するにあたり、社内でハードを管理する必要がないため、フロアスペースを奪われることがありません。クラウド設計なので、インターネット回線につながるデバイスを利用すれば、いつでもアクセスができます。

柔軟なカスタマイズ性

Salesforceは、従来のASPでは、難しいとされてきた標準の顧客管理機能を個々のユーザーが独自にカスタマイズできます。もし、社内エンジニアが在籍していれば、コード開発の画面から自由に機能性を拡張させることができます。特に、新たな商品やサービスを開発・発売するたびに、さまざまな機能を追加したいと考える方にとって、柔軟なカスタマイズ性は、システムに求める必須の要件といえるのではないでしょうか。

では、社内エンジニアがいなければ、Salesforceの機能性を体感できないのかというと、そんなことはありません。わざわざ、カスタマイズを施し、拡張しなくても、既存の機能を利用すれば、マーケティングにおける大部分のことを実現できます。

高いセキュリティ性

法人企業が新たなサービスを導入するにあたって一番気になることは、アプリケーションのセキュリティ性についてです。Salesforceは、法人企業が求める厳しいセキュリティ基準をクリアしており、高次元なセキュリティ対策が施されているため、取引先と交わした秘密保持契約書などの重要書類も管理することができます。Salesforceのセキュリティの高さは、国内外で認められており、官公庁や銀行などでも導入されています。

ソフトウェアに煩わされない

Salesforceは、クラウド型のアプリケーションであるため、管理者が手動でアップグレードする作業が必要がありません。更新情報があれば、自動的にアップグレードされるため、常に利用者は最新の状態で使用できます。

ちなみに、自動的にアップグレードされたからといって、既存の設定が消えてしまうことはありませんので、24時間いつも通りの利用が可能です。

Salesforceの基礎知識のまとめ

Salesforceは、非常に高機能なシステムです。顧客管理から営業、商談まで、どんな情報もトップレベルのセキュリティ環境で一元管理できます。必要な情報があれば、いつでも取り出せるデータベースは、業務効率の向上に大きく貢献します。
もし、社内の顧客管理が複雑になっており、情報を全体的に整理・統一していきたいのなら、ぜひSalesforceを導入してみてはどうでしょうか。

SFAの教科書@二階堂
株式会社ベンチャーネットにてコンサルティング問い合わせ窓口を担当している二階堂です。皆様のセールスフォースの導入などのコンサルティングをさせて頂いてます。導入された後の悩みなども受け付けておりますので是非無料ご活用下さい。
コメント0

*
*
* (公開されません)