セールスフォースが「次のインターフェースは音声」と正式発

セールスフォースが「次のインターフェースは音声」と正式発

セールスフォースが開発した、EinsteinというAIシステムをご存知でしょうか?当時から、人工知能として数々のエンジニアが開発を重ねてきました。その結果、Einsteinは、音声入力機能と合体することになりました。

セールスフォースの最高製品責任者であるBret Taylor氏が「音声はモバイルの次のインターフェース」と正式発表したため、情報の真実性は高いでしょう。尚、この発表は、アメリカのサンフランシスコで開催されている2018年のドリームフォース会場での内容です。



Einsteinについて知ろう!

現在、社内でセールスフォースを導入していてもEinsteinというサービスの存在を知らない人が多いのではないでしょうか。ここでは、Einsteinとは、どのようなサービスなのか、今後、どのように変化していくのかについて順を追って解説していきます。

Einsteinとは?

Einsteinは、セールスフォースプログラムが組み込まれた人工知能です。人工知能とは、AIのことで、ユーザーのビジネスの進め方や顧客データをベースとして、さまざまなことの提案や予測ができます。

そのため、Einsteinを導入すれば、ビジネスを自動化できます。その結果、社内メンバーの生産性が上昇し、顧客満足度がアップします。これは、ITの頭脳であり、私たちの生活にとって欠かせないものとなっていきます。

ドリームフォースで発表されたEinstein Voice

ドリームフォースでは、Einstein Voiceに関してサービスの紹介が実施されました。Einstein Voiceとは、音声のインターフェースを利用して利用するサービスで、「Hey Siri」と呼びかければ、声に反応してSiriを立ち上げてくれます。

他にも、スケジュールについて質問すると、特定の日付に関する予定を読み上げてくれます。会議相手のメールの内容からクロージングが近いことを助言することも可能です。

現在は、スマートフォンからの利用となっていますが、スマートスピーカーで実現することになっています。近年は、Amazon Echoなどの登場により、次々とIT化が進んでいます。これまでなら、セールスフォースは、社内で使用するためのシステムだったのかもしれません。今後、スピーカーを通してセールスフォースを利用できるようになれば、今までのライフスタイルのあり方が変わってくるといえるでしょう。

音声入力が可能になったセールスフォース

セールスフォースは、音声入力にも対応しようとしています。セールスフォースが開発したモバイルアプリを通して、会議の内容を口頭で伝えれば、その通りに情報を書き換えてくれます。

たとえば、次の会議の予約や金額の変更、クロージングの日程変更など、あらゆることが実現可能です。変更された情報については、セールスフォースにアップデートされるため、常に最新の情報を閲覧できます。

自然言語をシステムに取り入れた

Einstein開発の主力メンバーであるRichard Socher氏は、「自然言語は自然な人間の行為。これを利用して、生産性を大きく改善できる」と語っています。Amazonが音声によって顧客の期待を高めているように、セールスフォースも同じように変わろうとしています。

今後、さまざまなスピーカーに対応しようとしていますが、日本語版の導入は未定となっています。もし、海外版のスマートスピーカーが顧客満足度を上げるものなら、いずれ日本のスピーカーにも対応させてくれるでしょう。

今回、発表された音声機能は、ほんの一部にすぎないということなので、今後どのように成長していくのか、セールスフォースユーザーとして期待していきたいと思います。最終形態としては、顧客の関係を整理するCRMシステムとして統合されるようです。

Einsteinを導入してみよう!

セールスフォースが開発したEinsteinは、発見や予測、レコメンド、自動化でユーザーを支援しています。現在は、さまざまな企業で導入されており、コンバージョン率の改善や売り上げの大幅な改善を実現しています。

今後は、音声入力などの機能も実装されるということなので、興味ある方は導入してみてはどうでしょうか。

SFAの教科書@二階堂
株式会社ベンチャーネットにてコンサルティング問い合わせ窓口を担当している二階堂です。皆様のセールスフォースの導入などのコンサルティングをさせて頂いてます。導入された後の悩みなども受け付けておりますので是非無料ご活用下さい。

*
*
* (公開されません)