【セールスフォースの用語集】オブジェクトとレコードとは?

【セールスフォースの用語集】オブジェクトとレコードとは?

セールスフォースの運用担当者は、真っ先に基礎用語から理解しましょう。オブジェクトやレコードなど、初めて聞くとよくわからない用語がたくさん登場します。そのため、適切に運用するには、セールスフォースの製品を運用者自身がよく知る必要があります。
これからエンジニアに指示出しをするためにも、最低限の基礎知識として覚えておくべきことをご紹介します。

オブジェクトとレコードの基礎知識を学ぶ

セールスフォースには、オブジェクトとレコードという用語が何度も登場します。この2つだけは、概念をあいまいにすることなく確実に覚えてください。

オブジェクトとは?意味や概念について

オブジェクトとは、情報の塊を包む袋のようなものです。
例えば、“取引先”というオブジェクトがあったとしましょう。このオブジェクトの中には、取引先の電話番号や住所、名前、拠点の所在地などの情報が含まれています。オブジェクトの中にはさまざまな構成要素が含まれています。
イメージとしては、同じ構成要素のグループリーダーがオブジェクトだと考えておくと良いでしょう。

ちなみに、法人システムを構築する際に、利用されるオブジェクトは、下記のようなものです。

・取引先
・取引先責任者
・リード(ライセンスによる)
・商談(ライセンスによる)

上記のオブジェクトに含まれる構成要素のことを「項目」と呼びます。オブジェクトとセットで覚えるようにしてください。

上記のオブジェクトに含まれないものは、管理者が自分でオブジェクトを作成しなければいけません。新たにオブジェクトを作成することを、カスタムオブジェクトといいます。

レコードとは?意味や概念について

一方で、セールスフォースにおけるレコードには、どんな意味があるのでしょうか。レコードとは、オブジェクトを構成する要素をひとつにまとめたものを指します。

たとえば、「取引先」というオブジェクトの中に、A会社とB会社の会社情報が別々に登録していたとします。その場合、オブジェクトの中に2つの個別の会社情報が存在していることになります。この状態のことをセールスフォースの世界では、「取引先オブジェクトのレコードが2件存在する」といいます。

エンジニアに指示出しをするときは、オブジェクトやレコードを使うことになるので、しっかりと区別できるようになっておきましょう。

オブジェクトは、最初から決まっている

セールスフォースは、標準でオブジェクトが決まっているため、最初からオブジェクト名を考える必要はありません。先ほども簡単に触れましたが、選べるオブジェクトは下記の通りです。

・リード
・取引先
・取引先責任者
・商談
・商品
・ケース
・ソリューション
・活動

機能
・レポート
・ダッシュボード

セールスフォースがあらかじめ用意している標準項目から必要なものを利用すれば、基本設定が楽であることは間違いありません。しかしながら、セールスフォースが事前に作成した標準項目に目的のものがなければ、カスタムオブジェクトで作成することになります。実際にはカスタムオブジェクトを作成して環境を作成している企業がほとんどです!

オブジェクトに含まれる項目の判別方法

ある特定のオブジェクトに含まれる項目について相談したいことがある場合は、「標準項目」を利用してエンジニアと意思の疎通を図ってください。ちなみに、ユーザーが独自で定義できる項目のことを「カスタム項目」といいます。

ここでは、標準項目にはどのようなものがあるのか解説します。

ID

セールスフォースは、それぞれのレコードに対して、各種セールスフォースIDを組み込んでいます。15桁の英数字で構成されているのですが、セールスフォースIDを事前に記録しておくと、特定の詳細画面に瞬時にアクセスできます。

セールスフォースIDは、下記のように表示されています。
https://ap○.salesforce.com/15桁ID
https://ap○.salesforce.com/0000000000abCDE

レコード名

オブジェクトの中にはレコードがあると説明しましたが、このレコードに対して名前をつけることができます。分かりやすいレコード名をつけておくと、全社員が検索しやすくなります。

所有者

あるレコードを作成すると、その所有者となることができます。所有者は、管理権限を持つため、他社の参照や更新を禁止することができます。社内管理を徹底する際、必要な機能となるので、使用方法をチェックするようにしてください。

システム情報

セールスフォースには、システム情報として下記の情報が自動的に管理されています。

・作成者
・最終更新者
・作成日
・最終更新日
・所有者(担当者)

これらのシステム情報から特定のレコードにアクセスできることを知っておけば、瞬時に知りたいレコードを表示させることができます。

意味を理解しながらセールスフォースを操作しましょう

基礎用語を理解していなければ、基本設定時に自分の思いを上手く伝えることができません。今回説明した、オブジェクトやレコードの概念を知っておくだけでもお互いの意思疎通のスピードは格段に上がります。
少しずつ手を動かしながらで構いませんので、セールスフォースの構成を理解していきましょう。

SFAの教科書@二階堂
株式会社ベンチャーネットにてコンサルティング問い合わせ窓口を担当している二階堂です。皆様のセールスフォースの導入などのコンサルティングをさせて頂いてます。導入された後の悩みなども受け付けておりますので是非無料ご活用下さい。
コメント0

*
*
* (公開されません)