下剋上!弱者がとるべき5大戦略

下剋上!弱者がとるべき5大戦略

弱者が強者に勝つ。戦国の世であれば、下剋上といった風にも呼ばれます。
ビジネスの世界においても、まさしく下剋上は日常茶飯事的に起こっており、会社の規模が小さくでも大手に負けない商品、サービスで勝負することができます。

その中でも、弱者が取るべき「5大戦略」と呼ばれるものがあります。
強者との違いを挙げながら、何に着目して戦略を練り実行していけばいいかについてご紹介していきましょう。

※それぞれの具体的な事案についてはそれぞれ個別にコラムで紹介しています。



【五つの視点と取るべき弱者の戦略】

戦略を練る前に、まずは五つの視点を知ることから始めます。

1:市場・地域視点

営業活動や広報を展開すべきエリアの選定です。
大手企業の手が届かない、局地戦(郊外エリア、主要駅以外のエリアなど)を攻め、そこで実績を上げる必要があります。

2:顧客視点

対顧客に対するアプローチ手法です。
大手企業はシステムを駆使し、最小限の手間で最大数のユーザーに対してアプローチを行います。弱者は「自分の足で持って、対面で訴求していく」、ナローアンドディープの考え方が必要になります。

3:競合視点

競合とどう戦っていくかを検討します。
弱者は一騎打ち、強者は逆に集団戦(確率戦)に持ち込むように働きかけます。

4:主義視点

戦略を練る際の大きな観点です。弱者は一点集中、強者は総合戦に持ち込むように戦略を練ります。

5:作戦の立て方

弱者の場合は、強者を欺くための陽動戦、強者は弱者を同じステージに持ち込むための誘導戦を実施します。マーケティングやリサーチなどの観点が重要です。

SFAの教科書@二階堂
株式会社ベンチャーネットにてコンサルティング問い合わせ窓口を担当している二階堂です。皆様のセールスフォースの導入などのコンサルティングをさせて頂いてます。導入された後の悩みなども受け付けておりますので是非無料ご活用下さい。

*
*
* (公開されません)