アンケートと付加メリット‐B to C 型の業者の場合特に重要、アンケートに対するメリットの付け方

アンケートと付加メリット‐B to C 型の業者の場合特に重要、アンケートに対するメリットの付け方

飲食店に行くと、テーブルの上にアンケートが置かれているケースがあります。
大手企業になると、ほとんどのアンケートに何かしらのメリットがあることにお気づきになるでしょう。

アンケートに答えてくれた人の中から抽選で、毎月何千円分の商品券プレゼント!

といったような具合です。

これはアンケートの回収に関する絶対数と回収率を高めるために有効な手段と言えます。
企業でも、どうやって自社のサービス、商品を知ったのか、対応はどうだったか、などのアンケートを取ることでしょう。

これに対して、ちゃんとメリットを付けることで、より信憑性の高い情報を多数取寄せることが可能となります。



【B to C 型の業者の場合特に重要】

一般の消費者を対象にしているサービス、商品の場合、これらの声というのは大きな財産となります。

いま、当然のように市場で出回っている商品も、商品リリース前の研究はもちろんですが、リリース後の反応で持って、商品価値を高めているところも多くあります。

これらの業界にいる人は、どうにかして顧客の声を獲得できる仕組みを作りましょう。
最近の企業では、SNSなどを用いた、相互方向でのコミュニケーションプランニングを実施しているようです。

【アンケートに対するメリットの付け方】

メリットを付けるにしても、あまりに過大なものをつくると、それ欲しさに劣悪なアンケートが揃うことも考えられます。

あくまで、アンケート回収が目的ですから派手すぎず、地味すぎずのバランスを持ってキャンペーンを考えるようにしましょう。

SFAの教科書@二階堂
株式会社ベンチャーネットにてコンサルティング問い合わせ窓口を担当している二階堂です。皆様のセールスフォースの導入などのコンサルティングをさせて頂いてます。導入された後の悩みなども受け付けておりますので是非無料ご活用下さい。

*
*
* (公開されません)