マーケティングの基礎 3C分析‐競合優位性を見出し勝つべくして勝つ

マーケティングの基礎 3C分析‐競合優位性を見出し勝つべくして勝つ

ランチェスター戦略など、経営戦略と同じく語られることが多いマーケティング。
言葉は知っているけれど、いったいどういった意味であるのか分からないといった人もいるかもしれません。

このマーケティング。ランチェスター戦略と属性を同じくする項目も多くありますので、基礎的な内容についてそれぞれご紹介していきたいと思います。

【マーケティングにおける3C】

マーケティングの基礎的な内容として「3C」と呼ばれる概念があります。

これは、

・自社 company
・競合 competitor
・市場、顧客 customer

の三つをあらわしています。

自社内における経営資源、戦略、業績を元に、競合分析、市場分析をした上で具体的な戦略を策定していく分析のことです。

これが正しく機能すれば、まだ何かをはじめなくてもほぼ成功と言っても良いかも知れません。が、市場は生き物ですので、それが正しく反応を起こすかどうかは市場に華って見ないとわかりません。

【コアコンピテンスを見つけ、競合に勝つ】

3C分析の中で重要な用語として、コアコンピテンス(競合優位性)という言葉があります。
これは、いずれかの分野において、あなたの会社のサービスが他社よりも優れていることを指します。

これをつくるために、3C分析の中には自社も他社も含まれているのです。
ビジネスの戦略を練る際に、このどちらかが欠けても正しい戦略は練れない、と言っても良いでしょう。

このように、マーケティングには3C分析という基本的な分析があります。

SFAの教科書@二階堂
株式会社ベンチャーネットにてコンサルティング問い合わせ窓口を担当している二階堂です。皆様のセールスフォースの導入などのコンサルティングをさせて頂いてます。導入された後の悩みなども受け付けておりますので是非無料ご活用下さい。
コメント0

*
*
* (公開されません)