SWOT分析の活用‐他社にどういった特徴があり、それがどういった風に市場にインパクトを与えているか視覚的に見ることができる分析

SWOT分析の活用‐他社にどういった特徴があり、それがどういった風に市場にインパクトを与えているか視覚的に見ることができる分析

マーケティング関連の書籍を読むと必ず出てくるSWOT分析。
どこかの特殊部隊の様な名前ですが、これもマーケティングにおいては重要な考え方となります。

この分析により導き出されるのは、戦略における攻めと守り、そして回避すべきものの選定です。

【SWOT分析とは何か?】

このSWOT分析。四つの項目で持って、算定をすることになります。
まずは、強みと弱み。そして、機会と脅威の四項目を準備します。

自身が例えば、A市において自社製品の販売を強めたい場合、自社の強みが市場で要求されているか?(機会があるか)、競合他社のシェアはどうか?(脅威の強さはどれくらいか)などを図ります。

それぞれによって、自社の独自性が強く需要も高い場合は優位に立つことができている領域、逆に、自社の独自性もなく、同エリア内にガリバー的な企業がある場合、それは会費戦略といった風に呼ばれます。

【自他ともに特徴をまとめることができる分析】

この分析において重要なのは、自社、他社にどういった特徴があり、それがどういった風に市場にインパクトを与えているか視覚的に見ることができる、という点です。

営業に関わっている人であれば、これらの差別化にまつわることが意識している所ではあると思いますが、この四つの項目で再度マッピングすることにより、脳内を整理し、より効率的な営業をすることができるようになります。

営業組織の強化の一環として、このSWOT分析を導入してみるのも良いでしょう。

SFAの教科書@二階堂
株式会社ベンチャーネットにてコンサルティング問い合わせ窓口を担当している二階堂です。皆様のセールスフォースの導入などのコンサルティングをさせて頂いてます。導入された後の悩みなども受け付けておりますので是非無料ご活用下さい。
コメント0

*
*
* (公開されません)