セールスフォースのLightning活用方法(Summer’15)

セールスフォースのLightning活用方法(Summer’15)

セールスフォースでは、Summer’15にて、モバイル端末でも簡単にアプリケーション開発が出来るようにSalesforce1 Lightningの導入を行いました。Lightningには5つの特徴があるので、ご紹介します。



<プロセスを視覚化する>

一つ目は、プロセスビルダーを用いたプロセスの視覚化についてです。アプリ開発をする際にコード化をする必要がなく、視覚的にプロセスをイメージできることから、開発が迅速に行なわれるといえます。また、プロセスの中にワークフローを組み込むのもより簡単になるのです。

<ドラッグ&ドロップ>

二つ目は、操作性についてです。複雑な過程を経ずに作成できる理由の一つでもありますが、主な操作方法がドラッグ&ドロップのみなのです。これにより開発は格段に速くなり、多くの専門的な知識を必要としないようになったのです。

<コミュニティの形成>

三つ目は、コミュニティ開発についてです。このコミュニティ開発は、企業内の従業員同士をつなげる目的や、顧客とのつながりをもちたいときに有意義であると考えることが出来ます。この開発もプロセスビルダーを用いて、ドラッグ&ドロップで操作できます。

<外部ソースへのアクセス>

四つ目は、簡単な操作で外部ソースへのアクセスが可能なことです。アクセスした先のシステムの情報をセールスフォース内に取り込み、統合することが可能です。従来なら、もう一度打ち直していた情報が、スムーズに統合されることからスピーディーな開発が期待されます。また、アウトソースとの連携を図れることから、今まで別のシステムでアプリの作成をしていた開発者にとっても、高度なアプリを従来以上のスピードで開発が可能となります。

<モバイル端末からのアクセス>

五つ目は、モバイル端末からのアクセスについてです。Salesforce1アプリからLightningへアクセスして、移動中にでも手軽に開発が可能なため、開発期間が縮まることも考えられます。

このように、Salesforce1 Lightningは、様々な場面からアプリ開発の迅速化を支援します。様々な状況に対応しなければならない今日において、Lightningは果たすべき役割を持っているといえるでしょう。

SFAの教科書@二階堂
株式会社ベンチャーネットにてコンサルティング問い合わせ窓口を担当している二階堂です。皆様のセールスフォースの導入などのコンサルティングをさせて頂いてます。導入された後の悩みなども受け付けておりますので是非無料ご活用下さい。

*
*
* (公開されません)