市場占拠率を常に意識しよう

ある事業における自社のシェア率。それはそのまま、そこでの地域でどれだけ選ばれているかを表す指標となります。
どれだけ立派な理論を掲げても、シェア率が低いということは、取引先、もしくは消費者に選ばれていない証拠になります。

この記事では、ランチェスター戦略の中でもよく用いられる「市場占拠率」についてご紹介していきたいと思います。

射程距離の理論でご紹介した「上限目標値=73.9%」「安定目標値=41.7%」「下限目標値=26.1%」以外の基準をご紹介していきましょう。

【射程距離理論以下の市場占拠率】

上位目標値=19.3%

まだまだ強者の仲間入りはできませんが、それでもある特定の分野においてシェアの面で上位の位置づけとなる指標です。

影響目標値=10.9%

シェアを占める分野において、自社の製品、サービスが業界に影響を与え得る基準値となります。
業界のルールに疑念を抱いていても、このシェアを突破できない限り、市場にインパクトを与えることはできないとも言えます。

存在目標値=6.8%

これ以上の数値となると、強者となる競合他社や上位に位置づけている他社からあなたの会社の存在を認知されるようになります。
それ以下の場合、同じステージにも立てていない、と言い換えることができるかも知れません。

拠点目標値=2.8%

新規営業所の開設などの際に、一番初めに目指すべき数値。
クリアできたら、早急に存在目標値の達成に向けて新たな戦略を練る必要があります。

このように、市場占拠率にはいろいろな割合があります。
データ収集や市場分析の際にご活用ください。

SFAの教科書@二階堂
株式会社ベンチャーネットにてコンサルティング問い合わせ窓口を担当している二階堂です。皆様のセールスフォースの導入などのコンサルティングをさせて頂いてます。導入された後の悩みなども受け付けておりますので是非無料ご活用下さい。
コメント0

*
*
* (公開されません)