差別化を図るには

差別化を図るには

ビジネスを行う上で、「差別化」という言葉はいろいろなところで使われています。
他社と違うサービス、他社の取り扱っていない商品で差別化する、この程度の考え方では、正直に言うと全く不十分です。

差別化をするためには、6つのチャネルを持つ必要があります。チャネルの分類については別コラムで紹介していますので、そちらをご参考にされてください。

この記事では、差別化をする際の基本的な心構えについて紹介していきたいと思います。



【「顧客視点」のない差別化は、ただの自己満足】

差別化を使用しようと考えるあまり、消費者のニーズからかけ離れてしまうこともあります。
こうなると、単なる自社の自己満足で終わってしまうことに。

もちろん、消費者や取引先から選ばれることもありませんし、シェア率が伸びることもないでしょう。

顧客から見て差別化できているか、これが最低限考えておくべき視点と言えるでしょう。

【変なサービスをする必要はない】

差別化のチャネルは六つあります。

新しいことを始めると意気込まなくても、案外簡単に差別化は可能です。

六つあるチャネルのうち、現実的に実現可能で、かつ効果が高いものを選ぶようにしましょう。
この際にも、ランチェスター戦略の基本的な考え方である、一点集中、一騎打ち、接近戦という視点を忘れてはいけません。

差別化。口で言うのは簡単ですが、実現するには明確な根拠が必要となります。
次の記事で「6つのチャネルを活かした差別化の方法」についてご紹介しています。差別化戦略に行き詰まっている方は、是非参考にされてみてください。

SFAの教科書@二階堂
株式会社ベンチャーネットにてコンサルティング問い合わせ窓口を担当している二階堂です。皆様のセールスフォースの導入などのコンサルティングをさせて頂いてます。導入された後の悩みなども受け付けておりますので是非無料ご活用下さい。

*
*
* (公開されません)