セールスフォースChatterの基本機能

セールスフォースChatterの基本機能

セールスフォースの入り口として、Chatterを利用される方も多いでしょう。
Chatterの基本的な機能は以下の6つに集約されます。



<投稿/コメント/いいね>

Chatterの最も基本的な機能です。Twitterなどを使用している方は、直感的に操作できるかもしれません。多方面への情報発信をするのが、Chatterの基本的な機能です。
たとえば、「明日は10時半から新宿で取引先と打ち合わせです」のような投稿は一般的でしょう。
また、誰かの投稿に対して、なんらかのリアクションをしたい際に行うのが、「コメント」と「いいね」です。
たとえば、「明日は10時半から新宿で取引先と打ち合わせです」の投稿に対して、「私も同伴します」のようなコメントを残したり、「いいね」ボタンを押したりします。
会社によっては、「いいね」は少しフランクすぎるから使いたくない、という会社もあるかも知れません。

しかし、「いいね」は、社内ルールを設けて使用すれば、効果があります。たとえば、「いいね」を押したときは、少し返事を待ってほしいというニュアンスをもつ、などという社内ルールです。

<グループの作成>

グループは、社内に限らず、顧客に対して作ることも可能です。グループを作成すると、ユーザを招待するステップから始まります。
招待後、ユーザはそのグループに関する話題をまとめて閲覧できたり、管理出来たりします。
社内であれば、プロジェクトチームや部署ごとに作成したり、同僚だけのグループを作って、社内コミュニケーションの円滑化を図ることができます。
顧客であれば、やりとりが可視化できる、ファイルがまとめて管理できるというようなメリットがあります。また、顧客は招待されたグループの範囲しか見れないので、セキュリティ面の心配は要りません

<投稿に関するセキュリティ>

Chatter内の投稿は、基本的にフォローしているユーザのものであれば閲覧可能です。
しかし、社内の階層上、部下には見せられない内容などもあるでしょう。その際に、Chatterでは、セキュリティをかけることが出来ます。
セキュリティのかけ方は、プロファイルによる設定や権限セットによる設定が出来ます。
どちらもセールスフォースの設定部分で、該当項目をチェックすれば簡単に設定できます。
(詳しくは、セキュリティ設定についての記事に記載しています)

<メール通知とメール投稿>

Chatterの通知をセールスフォース外から受け取りたい際に、メールでの通知が可能になっています。フォローしているユーザの新しい投稿や、自分の投稿に対するコメントが来たときに、メール通知がされるように設定できます。
また、セールスフォースにログインせずとも、メールでChatterに投稿が出来る機能があります。
たとえば、Chatter投稿のメール通知が届き、それに対してコメントをしなければならい。このような際に、セールスフォースを開かずとも、メールからそれに対してリアクションをとることが出来ます。

<投稿からTodoを作成>

Chatterでのやり取りの中で、新しく必要な業務が生まれる可能性があります。
たとえば、「この間だめになった商談が、復活して、提案資料を再度作り直したい」という投稿があった際、「商談○○の提案資料作成」という業務が生まれます。
この際、ChatterからTodoを作成することが出来ます
セールスフォースの「商談」からTodo作成をするより、ChatterからTodoを作成するほうがスピーディーで、手間にならないでしょう。

<ファイルの投稿>

Chatterでは、ファイルの共有も可能です。たとえば、「本日の会議資料.pdf」のようなファイルをグループ内で共有する、などということも可能です。
基本的に、ファイルの種類はどのようなものでも可能ですが、容量制限があります
ファイルの容量制限は1ユーザ20MBなので、もし、容量の制限を上げたい方は、セールスフォースのサポートに相談すると良いでしょう。

SFAの教科書@二階堂
株式会社ベンチャーネットにてコンサルティング問い合わせ窓口を担当している二階堂です。皆様のセールスフォースの導入などのコンサルティングをさせて頂いてます。導入された後の悩みなども受け付けておりますので是非無料ご活用下さい。

*
*
* (公開されません)