地域戦略の実践 営業マンとランチェスター戦略

地域戦略の実践 営業マンとランチェスター戦略

営業マンが足を棒にして営業活動をする、これも確かにある事業を成功させるためには重要なことでしょう。

しかし、例えばこのサイトで紹介しているランチェスター戦略乗っ取った営業活動をしている会社とそうでない会社とでは、同じ営業件数を回っても効果がまるで違うと言えます。

言い換えると、同じ武器を持っている兵隊が、行き当たりばったりで相手軍隊と衝突するのか、それとも相手の弱点、特徴、傾向などを徹底的に分析したうえで衝突していくのかでは、全く戦果が異なるようなもの。

あなたの会社の営業マン。営業件数や純増数、売り上げの増加だけで満足させていませんか?
地域戦略の面において、営業マンとランチェスター戦略は非常に密接な関係にあります。



【ランチェスター戦略よりも、わかりやすく実践しやすい概念で】

例えば、あなたの会社の営業マンを50人、ランチェスター戦略に基づいた営業活動を指せるとしましょう。

目的はあくまで会社の事業成績アップであって、ランチェスター戦略を覚えさせることではありません。
優れた経営者になると、例えば「中期〇〇営業プラン」といった風に、言葉を変え、営業マンに響きやすい概念で指導をしていきます。

経営者でありがちなのが、目的を失して手段に走ってしまうことです。
ランチェスター戦略の概要を営業マンが覚えても、会社にとっては何もメリットはありません。
それを使う人間がおり、営業マンが忠実に戦略を実践に移し、それを管理する体制があって初めて意味があるものになると言えます。

SFAの教科書@二階堂
株式会社ベンチャーネットにてコンサルティング問い合わせ窓口を担当している二階堂です。皆様のセールスフォースの導入などのコンサルティングをさせて頂いてます。導入された後の悩みなども受け付けておりますので是非無料ご活用下さい。

*
*
* (公開されません)