Sales cloudで実感できる4つの向上

Sales cloudで実感できる4つの向上

SFA/CRMで世界1位のシェアを誇るSales cloud。
世界シェアがNo1であるのには、4つの効率化が関係しています。

「SFA/CRMとは何なのか?」

「Salescloudはうわさに聞くけど、何が出来るのか良く分からない」

といった方は必見です。まずは、ここでSalescloudの全体像をつかんでいきましょう。



社員全員の持っている情報を共有し、営業活動を効率化

Sales cloudには、営業補助機能として、社員同士の協力や案件管理などを強化するための仕組みがあります。この機能を利用すれば、商談の進捗状況や顧客の全体像を明確に理解することができます。

また、営業活動する社員全員が、収集した情報を会社内で同時に共有することができる機能があるおかげで、大切なビジネスの機会を逃したり、ダブルブッキングするなどという無駄な行為を減らすことができます。

また、社内全体に営業の情報が行き渡っていることで、直接営業をかけていない顧客であったとしても、情報を確認できます。これにより、突然引き継がなければならない案件が出ても、スムーズな引き継ぎが出来、ビジネスチャンスを逃しません。

仕事をする場所を選ばない、という時間の有効活用

セールスフォースの特徴として、様々なモバイル端末に対応しているという点があげられます。様々なモバイル端末に対応しているため、外出先で手元にパソコンがない状態であったとしても、素早く確認することができます。

例えば、電車の中でも片手で商談情報を共有できるので、これまでよりも移動時間を有効活用できます。

また、Sales cloudは操作が非常に簡単で、ドラッグ&ドロップのみで、データを図解化・編集することも可能です。Excelで処理をしていた今までよりも、簡単に操作できるので、時間もかからず、生産性は向上するでしょう。

見込み客への迅速な対応で、ビジネスチャンスを逃さない

Sales cloudの機能の特徴として、見込み客への迅速な対応という点があげられます。Sales cloudでは、自社のメディアからお問い合わせがあった際、そのままお客様の情報を取り入れることができます。

その際に、自動レスポンス(自動返信)メールを送信する仕組みや、対応担当者を自動的に振り分ける機能があります。これらの機能を利用すれば、

「誰が対応するのか」

「上司ならどういうメールを送るだろうか」

という迷い・悩み無しに、迅速に対応できます。

会議時間の短縮+営業社員自身の分析+チームマネジメント=営業成績アップ

Salescloudのレポート機能なら、ドラック&ドロップで手軽に図解化することができます。この機能により、会議のための資料作成は不要になり、さらに、会議が始まる前に成果が共有されているので、会議自体がスムーズに進みます。

また、営業社員自身が自分の成果を簡単に集計して、分析することが可能です。

これにより、営業社員たちは、自分が設定した目標に対して、現在どの位置に立っており、どのような努力をすれば、ゴールに到達できるのか、営業社員各自が分析することができます。

さらに、営業チームリーダーが 他社員の活動状況を確認できるので、チームマネージメントにも役立ちます。

データの集計が手軽に行えるため、営業分析にも今までほど時間がかからず、結果的に「分析の回数」が多くなるので、売上が伸びていくと考えられます。

以上、「Sales cloudの4つの効果」からSalescloudの全体像を紐解いてきました。
Sales cloudは、活用すれば活用するほど、使用効果が見えてきます。営業活動・会議・お客様の接客など、活用できる場面は多数ありますので、状況に応じて有効な活用をしていきましょう。

SFAの教科書@二階堂
株式会社ベンチャーネットにてコンサルティング問い合わせ窓口を担当している二階堂です。皆様のセールスフォースの導入などのコンサルティングをさせて頂いてます。導入された後の悩みなども受け付けておりますので是非無料ご活用下さい。

*
*
* (公開されません)