3分でわかる!セールスフォースのデータインポートの方法(データローダ)

3分でわかる!セールスフォースのデータインポートの方法(データローダ)

セールスフォースへデータインポートをする際に、データローダを使用する方法を動画にまとめました。
今回は、「リード」をセールスフォースにインポートするという目的のもと、作業をしています。
手順は以下のようになっています。

①データローダをPCにインストールする
②インポート用のファイルを作成する
③データローダを用いてインポートをする

このうち①、②はテキストで説明し、③を3分動画でご説明します。



<①データローダをPCにインストールする>

データローダをPCにインストールする方法は、いたってシンプルです。
手順は以下のようになります。

①セールスフォースにログイン後、「設定」を選択
②左側にある「クイック検索」に「データローダ」と入力して検索
③「データローダ」をクリックして、お使いのPC「Windows」か「Mac」を選択
④クリック後、セットアップが開かれますので、指示に従ってインストールすれば完了です。

セットアップをインストールしてからは、指示に従うだけですので、簡単に行えるでしょう。

<②インポート用のファイルを作成する>

新しくインポートするデータを、セールスフォースの形式に整えます。
ファイル形式でいうと、データローダは「.csv」形式のファイルしか読み込みません。したがって、「.csv」形式でファイルを用意しておく必要があります。
また、インポートファイルの中身でいえば、下記のような形式に整える必要があるでしょう。
*画像をクリックすると拡大できます

sannpuru

「会社名」「姓」「名」「住所」など、リードの各項目に対応させるために、このような形式でファイルを準備します。
(このファイルでは、英語表記にしてありますが、日本語でも問題ありません)

<③データローダを用いてインポートをする>

ファイルの準備が整ったら、データローダを用いてインポートします。
まず、データローダを起動するのですが、このとき、JavaをインストールしていないPCだと動きません。なので、その際には、Javaインストールの画面が表示されます。手順に従って、Javaをインストールしましょう。
下記の動画では、Javaが入っており、動作が十分に行える状況でインポートをしています。
*この動画には音声がありません。

データローダはアプリケーションをインストールするものなので、「手順がわからない」や「インストールに時間がかかりそう」などといった声も聞かれます。
しかし、手順はいたってシンプルで、インストール自体も(環境にもよりますが)5分程ですべて完了できます。
データローダは、インポートウィザードでは出来ない範囲をカバーしているツールでもあります。なので、もし、上記理由で使用していない方がいれば、この機会に一度活用してみることをお勧めします。

SFAの教科書@二階堂
株式会社ベンチャーネットにてコンサルティング問い合わせ窓口を担当している二階堂です。皆様のセールスフォースの導入などのコンサルティングをさせて頂いてます。導入された後の悩みなども受け付けておりますので是非無料ご活用下さい。

*
*
* (公開されません)