セールスフォースの基本用語説明

セールスフォースの基本用語説明

セールスフォースでは、説明しなければ理解ができない用語が多数あります。今回は、セールスフォースを利用していくにあたって、説明が必要な用語について分かりやすく説明していきます。



アプリケーションとは?

アプリケーションとは、仕事の局面に応じて利用する具体的機能を含んでいるソフトウェアのようなものです。具体的な例をあげるとセールスと呼ばれるアプリケーションには、商談などの進捗状況を共有・確認できる機能や、取引先などのお客様先を管理する機能など、複数の機能が入っているのです。

オブジェクトとは?

オブジェクトには、リードや商談などがあります。これらは、アプリケーションの中に入っていて、それぞれのオブジェクトが、あなたの仕事の状況に応じた具体的機能とされています。

image001

また、オブジェクトには、2つの種類があります。それが、「標準オブジェクト」と「カスタムオブジェクト」です。

標準オブジェクトは、すでにセールスフォースの中にあるオブジェクトのことです。

カスタムオブジェクトとは、すでにあるものではなくて自作したオブジェクトのことです。

レコードとは?

レコードとは、オブジェクトの中の1データ(案件)のことを意味します。
下図のように、リードに存在する1つのデータのまとまりをレコードと呼びます。

image002

項目とは?

レコードの中に存在する1つのデータのことです。分かりやすく説明すれば、商談オブジェクトの中のレコードを開くと、このように表示されます。

image003

印がついている、「名前」や「会社名」などが項目の部分となります。

セールスフォースを理解するうえで、データの呼び方を学ぶことは大切なことです。この用語がセールスフォースの全てではないのですが、これらのような基本的な用語を事前に覚えておくことは、運営する際に大切なことです。

SFAの教科書@二階堂
株式会社ベンチャーネットにてコンサルティング問い合わせ窓口を担当している二階堂です。皆様のセールスフォースの導入などのコンサルティングをさせて頂いてます。導入された後の悩みなども受け付けておりますので是非無料ご活用下さい。

*
*
* (公開されません)