セールスフォース VS Knowledge Suite ~あなたの会社にあっているのはどっちか~

セールスフォース VS Knowledge Suite ~あなたの会社にあっているのはどっちか~

SFA/CRMツールで世界シェアNo1の
セールスフォース(製品名はSalesCloud)

ユーザ数無制限で、会社単位で課金のSFAツール
Knowledge Suite(製品名はGRIDY SFA)

SFAツールを導入しようと考えた時に、よく候補にあがるこの2つ。
一体何が違うのか、わかりますか。

この2つのツールの違いを理解できると、「自社にふさわしいSFAツール」を選択することが出来ます。
反対に、違いを理解出来ずに、「世界No1だからとりあえずセールスフォースでいいか」などと、
安易にSFAツールを決めては、導入後、ただのコストになりかねません

なので、候補が挙がっている場合は、その違いをしっかりと把握しておく必要があるでしょう。



<何が違うのか?徹底比較表>

セールスフォースとKnowledgeSuiteの違いを明確にするため、以下のような表を用意しました。

KnowledgeSuite

このようなセールスフォースと、KnowledgeSuiteの違いを一言で表すと、
目的のためにかけられるコストです。

KnowledgeSuiteは、会社単位の課金で、ユーザ数が何人でもコストは変わりません。アプリケーションも充実しているので、営業支援の枠を超えての利用法も可能です。
しかし、セールスフォースと比べれば、その超えられる枠の範囲も狭く感じてしまいます。
つまり、目的を達成するにあたって、手を伸ばせる範囲がコスト故に限られるということです。

セールスフォースはライセンス単位の課金で、一見すると高く感じる価格設定になっています。
しかし、上の表に見られるように、様々なデータを出すことが出来ますし、SFA以外のシステムをセールスフォース上に作ることもできます。
開発パートナーも多く存在し、限りなく「自社理想のカスタマイズ」に近づけることができます。
つまり、一定のコストで、目的を限りなく理想的な形で達成することができます。

<セールスフォースに向く企業?KnowledgeSuiteに向く企業?>

ここまで読んでくると、「どちらが自社に向いているのか」察しのついている方も多いでしょう。

セールスフォースに向く企業とKnowledgeSuiteに向く企業は、以下のようにまとめられます。

セールスフォースに向く企業
・より理想の形で目的を達成したい企業
・SFA/CRMツールの長い間の運用・活用を考えている企業
・セキュリティの安全性の高さをかなり重要視している企業(サーバーが分散していれば、災害等に巻き込まれてデータを失う危険性は少ない)

KnowledgeSuiteに向く企業
・システム関連にコストをあまりかけたくない企業
・社内の営業管理をローコストで運用した結果が欲しい企業(まずはローコストで運用してから・・と考えている企業)
・グループウェアなど、標準機能に多く含まれているほうがいいと考える企業(自社にあわせたカスタマイズを特に希望しない企業)

このように、各SFAツールの違いを明確にすれば、自ずと「自社に合っているSFAツール」が見えてくるでしょう。

SFAの教科書@二階堂
株式会社ベンチャーネットにてコンサルティング問い合わせ窓口を担当している二階堂です。皆様のセールスフォースの導入などのコンサルティングをさせて頂いてます。導入された後の悩みなども受け付けておりますので是非無料ご活用下さい。

*
*
* (公開されません)