SFAとCRMの違いを分かりやすく解説!

SFAとCRMの違いを分かりやすく解説!

SFAとCRMという言葉を仕事で聞いたことがあったとしても、意味をよく知らなかったり、その言葉自体、知らない方も実は多くいます。

今回は、そのような方に向けて各々の機能について説明しながらも、何が違うのかを説明します。



SFA

SFAとは、「Sales Force Automation」が略されています。こちらを日本語の意味に変換すると営業支援システムという意味になります。SFAでは、以下のようなことができます。

  • 顧客を管理するデータベース機能
  • 営業情報を共有する
  • レポートの作成 (例:今月成約になった商談のみを表示するレポート)
  • 視覚的に理解できる図表の作成 (例:今年度の月別売り上げを棒グラフで見る)
  • カレンダーの機能
  • タスク管理の機能

このように見れば、SFAは、営業支援システムとして様々なことを便利に管理できます。

CRM

CRMは、Customer Relationship Managementが、略されています。日本語に変換すれば、顧客関係の管理という意味になります。

CRMは、顧客満足度を上げ、顧客と長期的な関係を築くために使用されるシステムです。

  • 見込み客や既存顧客へのメールの配信
  • コールセンターなどのカスタマーサポート
  • 顧客データを基にしてグループ分けした購買パターンなどを分析

CRMは、新規の顧客と既存の顧客の両方のことを考えて、購買額を上げていく過程を作成できます。

SFAとCRMの違い

上記のSFAとCRMの特徴から、利用目的の違いを見ることができます。

SFAは、営業の効率化を目的としており、CRMは、顧客管理に関する業務過程の改善を目的としています。

CRMは、新しい顧客を得たり、既存の顧客を維持することによって、営業過程を改善するためのものです。なので、SFAを内包するものといえるでしょう。

簡単にまとめれば、SFAは、営業の効率化に焦点を置いたシステムで、CRMは、顧客と良好な関係を保つための営業やサービスに幅広く対応しているシステムだと言えるでしょう。

SFAの教科書@二階堂
株式会社ベンチャーネットにてコンサルティング問い合わせ窓口を担当している二階堂です。皆様のセールスフォースの導入などのコンサルティングをさせて頂いてます。導入された後の悩みなども受け付けておりますので是非無料ご活用下さい。

*
*
* (公開されません)