セールスフォース( 4 )

Tagged
【数式】:選択した日付の「曜日」を出す数式
セールスフォースのカレンダーには、標準で「曜日」を示す機能はありません。 しかし、「曜日」を重視する企業は多いのではないでしょうか。毎週水曜日は定例会議、隔週月曜日は得意先へご挨拶・・など、「曜日」基準で予定を設けていることは多々あります。 そこで、数式を用いて、指定された日付の「曜日」を表示させる方法をご紹介いたしま...
これを見ればわかる!セールスフォースの基本ワークフロー
<ワークフローとは?> ワークフローは、簡単にいえば、「本来手作業でやるものを、自動化する仕組み」です。 具体例として、「契約期限が切れそうな案件」を挙げてみます。 ある企業では、契約期限が切れそうな案件は、期限の3日前までに「契約更新のご案内」を顧客に送るようにしています。 しかし、抱えている顧客数に対して、社員が一...
「選択リスト」項目が更新されるまでの経過時間を算出したい
【要望】 ある「選択リスト」項目が選択された時間から、次のものに変更されるまでの経過時間を知りたい。 【どういったケースに多いか?】 一番多いケースだと、何かのフェーズ分けとして「選択リスト」項目を作っている場合です。例えば、発注フェーズであれば「見積もり依頼」→「見積もり確認」のようなフェーズになりますし、開発フェー...
Salesforce1を導入するときに管理者がすべきこと
セールスフォースを導入して慣れてきたころ、または導入後間もなく、Salesforce1には目を向けられるでしょう。 Salesforce1は、セールスフォースをモバイル端末で操作できるためのアプリケーションです。 このアプリでは、PCで行っていたセールスフォース上の業務が、ほとんど行えます。 これにより、どこでも作業が...
セールスフォースのApp Exchange(Apex)とは?
セールスフォースには、システムを各企業に応じた形にするために、カスタマイズする機能があります。 そのカスタマイズには、「自分で作るカスタマイズ」と「他人が作ったものを入れるカスタマイズ」の二種類があります。 今回は、この二つの側面から「セールスフォースのAppExchangeとは何か」を紹介していきます。 まずは、「他...
セールスフォースの無料アプリケーション3選!~営業の負担を減らすミソ~
セールスフォースの導入を成功させるためには、営業になるべく負担をかけずに運用することが重要です。しかし、開発をするのには別途コストがかかるし、営業が我慢してくれれば済むこと・・・などと考えがちではないでしょうか。 確かに、営業の使いやすさのためにコストを割くのは、企業によっては難しいかも知れません。 そこで、コストをか...
セールスフォースChatterの基本機能
セールスフォースの入り口として、Chatterを利用される方も多いでしょう。 Chatterの基本的な機能は以下の6つに集約されます。 <投稿/コメント/いいね> Chatterの最も基本的な機能です。Twitterなどを使用している方は、直感的に操作できるかもしれません。多方面への情報発信をするのが、Chatterの...
セールスフォースChatterがもたらす5つの効果
セールスフォースの機能の一つに、Chatter(チャター)という社内コミュニケーションツールがあります。社内のコミュニケーションツールに対しては、さまざまな意見があるでしょう。「話すことがあるなら、実際にあって話せばいい」「そもそも社内の人間関係は冷めているので、導入しても使わないかもしれない」など、マイナスの意見も出...
Salesforce.comにみる企業を上向きにするヒント
現在もなお、目覚ましい成長を続けるSalesforce.com(以下、SFDC) 彼らのビジネスを紐解いていくと、そこには日本企業を上向きにするヒントがあります。 SFDCは、創業当初社員数わずか10名ほどでした。日本に多数ある零細企業と変わらない規模です。 しかし、日本にある多くの零細企業と決定的に違う部分がありまし...
【数式】:日付・時間の数式項目が動かない原因は?
ストーリー A社では、タイムカード的役割を目的に、勤務開始時間と勤務終了時間の両項目を「日付・時間」項目で作成しました。 終了時間(work02__c)から開始時間(work01__c)を差し引きして、その日の労働時間を算出するシステムとなっています。 しかし、算出するための数式項目「労働時間」を作成したのですが、「労...