セールスフォース( 5 )

Tagged
数あるSFAの中で、なぜセールスフォースなのか?
ORACLE、Microsoft、Cybozuなどが販売しているSFA製品は、現在40製品以上あり、新たに導入しようと考える企業からは、何がどう違うのかわからないという感想が聞こえてきそうです。しかし、この多数ある製品の中でも、よく売れる製品が存在し、そこには選ばれる理由があります。セールスフォースは、その中でも最も売...
営業支援以外にもある?セールスフォースの意外な利用法
セールスフォースと聞けば顧客管理、営業支援などと想像する人が多いのではないかと思います。 しかし、実は、上記とは全く異なった利用法で利用している人々が存在します。 その利用法では、セールスフォースを「自社のみ」の成長ツールとは捉えないことが特徴となっています。一体どのような利用法を行っているのか、分かりやすい例を二つ挙...
セールスフォースの「標準オブジェクト」がもつ役割とは?
今回は「標準オブジェクト」、つまり、セールスフォース内にある既存の機能には各々どのような役割があるのかについて説明していきます。 ですが、それを説明する際、そのオブジェクトが仕事の流れのどこに当たるのかを把握しておいた方がより理解できるでしょう。 まず、以下に仕事の流れを図にしたものを提示します。 この図のそれぞれのフ...
セールスフォース利用の際に出てくるハードル
セールスフォースを導入した多くの企業の声を聴くと、ある共通の問題を抱えていることがわかりました。セールスフォースを導入したら、効率化がどんどん進むというビジョンを持っていたはずの経営者が、導入後「こんなはずではなかった」と嘆くケースは多く聞かれます。 その問題の原因はどこにあるのでしょうか。今回は、その中の一つである、...
SFAツールを使うときに気を付けること
セールスフォースに限らず、 あらゆるSFAはマジックツールではありません。 確かに、業務を効率化して利益を上げることが出来るのは実証されてもいます。活用することで業務を改善できた企業もあります。 しかし、利用者の視点から見ると、現状、様々な課題があるようです。 ①「紙の方が楽だった」という現場の声が存在するSFA製品を...
セールスフォースの導入を成功させるポイント
現在、売り上げを上げるためにセールスフォースの導入を開始する人が増えてきています。しかし、その分、導入してもうまくいかない人が増えてきています。 うまくいく人とうまくいかない人の差はどこにあるのでしょうか。 今回は、セールスフォース導入の成功を示すポイントを三つご紹介いたします。 ①現在の会社の問題を分析する 売り上げ...
セールスフォースのLightning活用方法(Summer'15)
セールスフォースでは、Summer’15にて、モバイル端末でも簡単にアプリケーション開発が出来るようにSalesforce1 Lightningの導入を行いました。Lightningには5つの特徴があるので、ご紹介します。 <プロセスを視覚化する> 一つ目は、プロセスビルダーを用いたプロセスの視覚化について...
セールスフォースのデータ活用方法~データ活用で売上を伸ばす~
セールスフォースに限らず、SFA・CRM製品というのはその中にデータをためていくことが出来るので、いつでも引き出すことができるのが利点です。 しかし、データをためて、そのデータをいつでも引き出せることが利点になるのは、利用者にデータの活用法があるからでしょう。 セールスフォースはあくまでツールです。自社の活用法がなけれ...
稼動管理アプリケーションの作成~項目作成と行動の入力を行う~Part3~
これから、既に作成した「案件」オブジェクトに項目を作成し、「案件」に関する「行動」を入力していきます。 手順は以下のとおりです。 ①項目の作成(選択リスト) ②「行動」の入力 1、最初に設定画面にある作成欄からオブジェクトを選択しましょう。カスタムオブジェクトの案件を選択して、開かれた画面でカスタム項目&リレーションの...
SFAとCRMの違いを分かりやすく解説!
SFAとCRMという言葉を仕事で聞いたことがあったとしても、意味をよく知らなかったり、その言葉自体、知らない方も実は多くいます。 今回は、そのような方に向けて各々の機能について説明しながらも、何が違うのかを説明します。 SFA SFAとは、「Sales Force Automation」が略されています。こちらを日本語...